日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

汕頭広州香港の旅6日目 香港のんびり街歩き

ホテルで目覚めて朝。部屋の窓からの眺めが、香港

f:id:zaikabou:20180810080339j:plain

今日はチェックアウトまではホテルでのんびりしよう。まだしばらくまどろんでから、プールで泳いだり

f:id:zaikabou:20180810080341j:plain

f:id:zaikabou:20180810080342j:plain

あさごはん食べたり

f:id:zaikabou:20180810080343j:plain

f:id:zaikabou:20180810080344j:plain

ホテルのブッフェでいろいろ取り過ぎてしまうのは、大人になっても治りませんよね…

f:id:zaikabou:20180810080345j:plain

ギリギリまでお部屋でダラダラ過ごし

f:id:zaikabou:20180810080346j:plain

12時ぎりぎりにチェックアウト。荷物を預けて、さあ、出掛けよう

f:id:zaikabou:20180810080347j:plain

 最初の目的地、香港理工大学は歩いても近いので、スーパーのwelcome(恵康)を覗いたりしながら、ぶらぶら。最近、日本で話題の香港土産、クノールの麻辣鮮露は売り切れているのかな、ここは繁華街から近い便利な場所にあるスーパーだからな

https://www.amazon.co.jp/dp/B07F73QBRH

日本から買うとかなり高いのね。香港だと200円以下でで買えまふ。15分ほど北上すると、香港理工大学、中も自由に入れる

f:id:zaikabou:20180810080348j:plain

で、ここにはザハ・ハディッドの建築がありまして、それを見に来たんだけれど

f:id:zaikabou:20180810080349j:plain

おお、なんか改装中?ペンキの塗り直しだろうか、足場が組まれており、そしてさすが香港、ザハ建築でも足場は竹だ!

f:id:zaikabou:20180810080354j:plain

この、竹で足場を組む技術は、きっと、中華圏の大学の建築学科とかだとちゃんとやるんでしょうね、ある意味凄いよなー。

中も自由に見学できて、ザハにしては割合、おとなしめな建築かな、とは思いました

f:id:zaikabou:20180810080353j:plain

f:id:zaikabou:20180810080351j:plain

f:id:zaikabou:20180810080352j:plain

以前観たザハ建築はこちら 

日本にもザハ建築、欲しかったよね…。今のオリンピックのグダグダを見ていると、せめてザハ建築を遺す、くらいはやっちゃえばよかったじゃん、みたいに思いますですね。

大学構内には生協のショップがあってグッズがいろいろ買えると情報があったんだけれど、どうも改装中でお休みらしく、断念

香港理工大学 | 香港ナビ

かわりに本屋をのぞいて、潮州料理のテキストを買ったりしたのでした

f:id:zaikabou:20180810080355j:plain

大学を出て、九龍城砦の跡地へ向かうのは、バスで。香港はバス路線が縦横無尽に走っていて、最初に来た時は空港バス以外は使いこなせる自信が無くて使わなかったけど、google maps があれば経路検索も簡単にできるしいけますね。大学の目の前にあるバス停から乗って北へ

f:id:zaikabou:20180810080356j:plain

九龍城砦があったところは取り壊されて公園になったり再開発されたりしているけれど、周囲は九龍城砦があったころの雰囲気を残しており、特にタイ人コミュニティが発達している地域で、タイ食材屋などがたくさんある。それはとりあえずあとで見ることにして、公園に行ったのですが

f:id:zaikabou:20180810080357j:plain

f:id:zaikabou:20180810080358j:plain

これがですね、もうなんというか、暑い。とにかく暑い。去年、7月に香港に来た時に、なんであんなに昼間のうちから活発に活動できていたんだろうと謎になるほど暑くて疲れる…。1年でそんなに体力が落ちたのだろうか。

f:id:zaikabou:20180810080359j:plain

九龍城砦 - Wikipedia

九龍城砦は、香港がイギリスの租借地になったときも例外的に清の飛び地になっていた…などの歴史的事情があり、後の治外法権的な場所になる土壌となっていたのですね。公園を出て、目の前の商店街ぶらぶら

f:id:zaikabou:20180810080401j:plain

f:id:zaikabou:20180810080400j:plain

日本では売っていないようなものもあるタイ食材の商店を覗き、タイ語が飛び交う空間にいると、いよいよ本格的に自分がどこにいるのかわからなくなってくる。スーパーマーケットにも入って、先ほどの店では品切れになっていた麻辣鮮露や、その他、鶏スープなど買って、またバスに。10ドルほどで香港島へとバスは連れて行ってくれる

f:id:zaikabou:20180810080402j:plain

香港島である。トラムだ

f:id:zaikabou:20180810080403j:plain

 この後は、なぜか汕頭まで行ったのに、香港で汕頭刺繍の店に行って、けっこうお高いハンカチを買ってしまったり

春生貿易行の新店舗で、憧れの汕頭刺繍のハンカチをついにゲット! – 香港ときどきマカオ

f:id:zaikabou:20180810080412j:plain

香油のお店に行ったり、お寺を覗いたり

f:id:zaikabou:20180810080406j:plain

竹の足場を眺めたり

f:id:zaikabou:20180810080411j:plain

亀ゼリーを食べたり(前回も来たこのお店、好き)

f:id:zaikabou:20180810080409j:plain

f:id:zaikabou:20180810080408j:plain

f:id:zaikabou:20180810080407j:plain

九龍醤園で調味料を買ったり

f:id:zaikabou:20180810080413j:plain

結構よいお値段がするのだが、ここで買った胡麻油、家で使ったら美味しかった…。醤油と、正体のよくわからない醤も使うの楽しみ

九龍醤園 - 広州とほほ日記

f:id:zaikabou:20180810080404j:plain

そんなこんな、あちこち覗いていると、あっちゅーまに時間は過ぎてしまう。ピークトラムにも乗ってみようかと思っていたけどあまり余裕が無いので、あとはスターフェリーに乗りに

f:id:zaikabou:20180810080416j:plain

f:id:zaikabou:20180810080415j:plain

乗りましょう。安いよね、この船。観光資源であり、かつ、生活の足

f:id:zaikabou:20180810080417j:plain

f:id:zaikabou:20180810080418j:plain

フェリーを降りてから、Twitterのぬるい素麺さんの退勤ツイートが好きなので

ぬるい素麺 退勤 - Google 検索

どこから写真撮ったらあーなるのかな、と探したけれど、なかなかむつかしい。香港島に向かうフェリー乗り場から撮るのかな…

f:id:zaikabou:20180810080421j:plain

f:id:zaikabou:20180810080420j:plain

f:id:zaikabou:20180810080422j:plain

f:id:zaikabou:20180810080419j:plain

ペニンシュラを眺めつつ

f:id:zaikabou:20180810080423j:plain

重慶大厦でニセモノアルヨと声を掛けられ

f:id:zaikabou:20180810080424j:plain

重慶大厦はこないだ来た時、カレー食べてなかなか旨かったですね 

また、昼間に行ったスーパーの寄ってお買い逃がしの買い物をしたり。で、あとはホテルに戻って荷物をピックアップして帰るだけ、時間に余裕はあるけれど、荷物も多いし、空港ラウンジでのんびりしたいし、タクシー使っちゃおうか?なんて話していたんですが。

預けた荷物のうち、1つがなぜか無い!荷物室に連れて行って貰って探したけれど出てこない…。あとはマネージャが出てきたり、ホテルの日本人スタッフが出てきたり、なかなかの騒動に。出てこない荷物がですね、広州で買った茶盤なのですよ。小汚い箱に入っていたから、なんか気を利かせて何かしようとして行方不明なのかなー

しかし、必ず見つけますから、と言われて(若い欧米人のアシスタントマネージャ氏、ご安心ください、みたいなセリフ回しが、いかにもな感じで面白い)、慌てても仕方がないので、香港の夜景をもう少し眺めて、出てこなかったらお金で補償かな…などと思いつつ、ラウンジで、ふるまわれたドリンクをいただいておりましたら

f:id:zaikabou:20180810080336j:plain

ありました!と。聞くところによれば、荷物には部屋番号を書いておいたんだけど、何を勘違いしたか本日の宿泊者の荷物だと思われて、1つだけ部屋に運ばれていたと。そして、その部屋は今日は宿泊客がいなかったので、この時間まで気が付かれなかったと。なんだそりゃー、ではあるけれど、とにかく、見つかってよかった。ちなみに、帰宅後に撮ったものだけど、荷物はこれ

f:id:zaikabou:20180810080203j:plain

日本人の荷物とは思われなかったんだろうなあ…とは思います。はい。40cm×80cmくらいある。重いです。

1時間くらいホテルにいたので、これはタクシーだね、ということになり、ホテルからタクシーで香港国際空港へ直通

f:id:zaikabou:20180810080425j:plain

30分少々でインターコンチネンタル香港から空港へ。荷物を整理し、キャセイドラゴンのカウンターでチェックインして、出国手続き。空港内には、大地の芸術祭の広告があってびっくり

f:id:zaikabou:20180810080426j:plain

f:id:zaikabou:20180810080427j:plain

今回、香港ハウスというのがあるのかな。

香港ハウス(建築設計) - 大地の芸術祭の里

出発までの時間は、キャセイパシフィックのラウンジへ。ここのラウンジは、その場で作ってくれるヌードルもあるし

f:id:zaikabou:20180810080428j:plain

f:id:zaikabou:20180810080429j:plain

お茶やドリンクもその場で作ってくれるし、冷蔵庫には香港のクラフトビールもあるし

f:id:zaikabou:20180810080430j:plain

シャワールームもたくさんあって、アメニティは全部イソップなのである。すごい。このラウンジにいられるなら、飛行機の出発が遅れてもぜんぜん構わない…。キャセイドラゴンの安いチケットなのに、ワンワールドの資格のおかげで、こんなところが利用できてありがたいありがたい

f:id:zaikabou:20180810080431j:plain

空港広いので早めに出て長い長い廊下を抜けて、バスに乗って飛び地のターミナルに向かい

f:id:zaikabou:20180810080432j:plain

それでは香港、さらば

f:id:zaikabou:20180810080433j:plain

今回もなんだか慌ただしい旅だったけれど、盛りだくさんで、よい旅でありました。さあ、起きたら仕事だ

在華坊(@zaikabou)/2018年07月30日 - Twilog