日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

まつだい農舞台里山食堂『山菜を楽しむ会』へ

土曜日、連休中も遊びに行ってばかりだったが、連休明け最初の休日も、遊びに行くのです…。東京駅から新幹線に乗り込み、越後湯沢へ。ほくほく線スノーラビットに乗り換える。着物の人が大勢乗っており、十日町で降りて行った。5月は十日町で、着物関係のイベントがいろいろあるみたいですね。

f:id:zaikabou:20190613165524j:plain

まつだいで下車、久しぶりに草間彌生の花を見る。最初にこれを見たのは2001年だったかな。

10時のオープンとともに「農舞台」に入り、受付を済ませ、展示を見てから、11時過ぎに、さてごはん。

f:id:zaikabou:20190613165816j:plain

まつだい農舞台里山食堂『山菜を楽しむ会』に参加する。

f:id:zaikabou:20190613165547j:plain

お重に、採れる順に並べられた山菜料理、山菜の天ぷら、その他、20種類の山菜を使った料理が一堂に供される年一度のイベント。

f:id:zaikabou:20190613165603j:plain

どれもこれも一工夫ふた工夫されたものばかりで、美味しかったし、貴重で幸せな体験だった…

f:id:zaikabou:20190613165554j:plain

右上から、かたくり梅酢ジュレ、あずき菜花かつかけ、のかんぞう藻塩、ふきのとうゴママヨ和え。こごみおもゆ梅ダレ、うるい豆乳マヨ、ののばナムル、手練りこんにゃく山椒味噌。ウドの黒米バルサミコ酢ソテー、ぜんまい一本煮。木の芽黄身だれ、ふき信田巻、わらびオリーブ漬け、葉わさび醤油漬け

うるいやののば、葉わさびや木の芽のハッとする爽やかさや苦味も良いが、かたくりの酸味、手練りこんにゃくの味わいにぴったりな山椒味噌など、料理の工夫に唸るものも多く。そして、わらびオリーブ漬けの驚き!オリーブの酸味とわらびのぬるっとした独特の味わいが喧嘩せず融合してメチャクチャ美味い

f:id:zaikabou:20190613165612j:plain

天ぷらはうど、こしあぶら、ふきのとう、竹の子、花いかだ。うどや竹の子、美味しかったなぁ…。うど味噌、ふきのとう味噌、わらび納豆。

f:id:zaikabou:20190613170034j:plain

どれもこれもめし泥棒で困る。ちゃんとしたふきのとう味噌って、こんなに美味しかったのか。さりげない煮菜、ウド酢漬け、塩こうじ煮も、また良い…

f:id:zaikabou:20190613165710j:plain

妻有ポークの低温調理、ふきのとうソース。もちろん豚肉も良いのだが、ふきのとうにアンチョビとオリーブ?を和えたソースが絶品。山菜の可能性に目を開かせられた。持って帰りたいこのソース。

雪下人参ゼリー、レアチーズうどのコンポートのせ、蕗菓子と、デザートまで完璧でした

f:id:zaikabou:20190613165913j:plain

この『山菜を楽しむ会』は、もとは1979年に松代町民有志ではじまり、手分けして山菜を採り、料理して供し、多い時は300人参加する一大イベントだったと。

f:id:zaikabou:20190613165702j:plain

2006年からは農舞台里山食堂に受け継がれ、今に至る。町の人たちが脈々培った資産を垣間見させていただくような、お金では代えられない体験だった。ありがとうございました。

山菜を楽しむ会を終えて - 大地の芸術祭の里

食事後、まつだいの里山をお散歩し、山菜を見つけて

f:id:zaikabou:20190613170248j:plain

ほくほく線に乗って直江津へ。乗り換えて上越妙高で遺跡を見物し、さらに乗り換え。妙高山を見ながらの旅路

f:id:zaikabou:20190613170413j:plain

妙高高原で乗り換え。さっきからJRから三セクからいろんな会社線を跨いでいるが、JRの『週末パス』は各会社線にも乗れるぞ機能があって、フル活用する旅となっている。

さて、私は今、小布施に移動しているわけですが。まつだいから小布施に行くのに、普通に検索すると、直江津まで行き、上越妙高から新幹線で長野に出て、長野電鉄…と出てくる。なんだけど、豊野から小布施が、川を渡ってすぐなのだなー、と気が付いた。

そういうわけで、妙高高原から乗った普通列車を豊野で降りて、うまい具合に駅前に止まっていたタクシーに乗り込む。小布施の街の中心部までは、10分ちょっとで1900円だったから、2人いるぶんには良い手段だった。

お宿にチェックインし、食事前にちょっとお茶。『栗の木テラス』へ。

f:id:zaikabou:20190613171327j:plain

モンブラン、濃厚な栗と、サクサクな生地が美味い…。

f:id:zaikabou:20190613171321j:plain

紅ほっぺのタルトもいちごがびっくり甘くて美味いし、紅茶も質が良いし、そしてお店の雰囲気も良いのに、とても安くて、桜井甘精堂グループの貫禄の商売。客としては、ただただ、ありがたいかぎりです。

その後、こちらの知り合いにご案内いただき、ゆっくり美味しいご飯を食べたのだった。

この日の小布施、長期連休明け直後だったので、かなり空いていたらしい。GW中とか、あるいは栗の季節になると、大変なことになるらしい。小布施は栗の季節に来たくなる街だけど、それ以外の時期に来た方が落ち着いて楽しめそう。でもなー、栗の季節限定の菓子もあるからなー…

明日は明日で、小布施ワイナリー、パティスリーロント、山屋天平堂、栗の木テラス、桜井甘精堂と小布施堂と竹風堂、桝一市村酒場…まちとしょテラソ、北斎館…小布施は狭い範囲に高密度に魅力的な場所が多くてうれしい悲鳴。明日はどう回ろうか、と思いつつ、おやすみなさい

在華坊(@zaikabou)/2019年05月11日 - Twilog