読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

首都圏外郭放水路に行ってきた

巨大建築愛好家の皆さんの間ではつとにおなじみの、首都圏外郭放水路。実は私、まだ見たことがなかったのである。んで、今日は一般公開日で、予約無しでも入れるよ、という情報をmixiの「社会科見学に行こう!」コミュで、昨日の夜になって知ったのでした。これは行かねば。
ということで、朝6時起きで家を出て、渋谷から大宮、東武野田線に乗り換えて春日部市南桜井駅まで。今日に限って駅から無料の送迎バスが出るということなので、満員で乗れなくては大変、と一番バス(8:45)に間に合うくらいの時間にきたのだが…バスにはお年寄りばかり、5人くらいしか乗らず。拍子抜け。

これが放水路の終点、江戸川端にある管理施設である。簡単に「首都圏外郭放水路」の仕組みを説明しておくと。中川と綾瀬川、およびその支流は、流域のわりに川が小さく、しかも勾配が緩い。地形も皿のよう。だから、この流域では、たびたび洪水に見舞われてきた。これを解消するために、各河川が満杯になったときに水が流れ込むための立坑、それをつなぐ地下水路、流れ込む調圧水槽、そして江戸川に放出するためのポンプが作られた。これが首都圏外郭放水路。しかし、驚くべきはその規模で、立坑は深さ70m、水路は地下50mに直径10mで長さ6.3km、調圧水槽は78m×177m×25mの巨大空間。ポンプは全4基で、25mプールを1秒で空にできる、という。百聞は一見に如かず。今日はそのうち、調圧水槽とポンプの羽根が見られると言う。
ではさっそく、見学。地下の前に龍Q館という、見学施設を見る。施設の模型

は気合の入った作りだし、その後ろのモニタで流れる「完成までの工事の様子」も、妙に気合の入った、音楽で盛り上げたりする作品。プロジェクトX以降、この手の映像の文法が一つに定まった気がする。昔はこういうの、もっと坦々と作ってあったよ。
ウルトラマンコスモスの撮影にも使われた司令室。

この施設では、「庄和の龍伝説」とかいう、5分くらいの映像作品も見られるんだけど、施設が出来るまでを描いた後は、いよいよ大雨が降ってきた!みたいな展開になって、司令室の様子なんかが出てきて、ノリが完全に特撮、ないしアニメなんですね。プロジェクトXか特撮かどっちか。このふたつの文法は日本を強力に支配している。
見学終わって、いよいよ地下へ。こないだの日比谷のような混雑を予想していたが、全然こんでいなくて拍子抜け。そりゃ、立地ってもんもあるしな、当然と言えば当然だが。妙にスカートの短いおねーちゃんに誘導されて(イベントコンパニオン?)、調圧水槽への階段を下っていく。

一番下まで降りついて、広い空間に出るか…と思ったらなんだか中途半端な空間。おや?ときょろきょろ、横を向くと…おおおお!

興奮して曲がってしまった…気を取り直して


うーむうううう、凄いなあ。とにかく凄い。言葉もない。
それと、今日のもう一つの目玉は、完成目前のポンプなわけである。現在、江戸川に水を送り出すためのポンプは2つだけ稼動中で、残り2つは施工中。完成間近のそのポンプ、羽根を下から見上げることが出来た。
巨大水槽の一番奥、江戸川側に、そのポンプへと至る水路が作られている。水の流れを考えて厳密に設計された水路

そのまた一番奥に、水を汲み挙げるための羽根がある。

直径3.7mのその羽根

もういっちょ

いや、これは、施工中の2つのうち1つが、ピンクにライトアップされていたんですよ。なぜだか理由はしらないけれど。稼動中の2つのプロペラは、導水路部分に水が入っていて、そこまでたどり着くことも出来ない。だから、この施工中の2つも、今しか見られないんだろう。いいものを見た。どうぞ落書きしてください、とペンがおいてあったのだが、すでに書かれたことを見ていくと…

わははは、不謹慎だなあ。しかし、2箇月もすると、そのネタの意味がなんなのか、ほとんどの人が理解できなくなるような気がする。
存分に堪能して、出口方向へ。こちらのほうには第一立坑があるが、あまり近くまで行くことはできなかった。それでも写真は

出口への階段の途中からも、水槽の様子が良く見えて、少しずつ視点が高くなりながら眺める水槽もまた格別。



出口を出ると、広い広いサッカー場が拡がっていた。この地下がすべて水槽になっているのだな。

とにかくこのイベント、空いていてじっくり見学できるし、なにより、誰に急かされるわけでもなく、地下に留まり放題なので、オススメですよ。ワタクシも1時間ほど堪能した。来年も機会があるようなら、まだいってない方は是非この機会に。客層としては、家族連れ、お年寄り、好事家で均等に分け合っている、という感触か。

外には、シールドマシンの形の巨大な時計まであった。

とんぼ返り東京

再び、送迎バスに乗って南桜井駅。春日部まで野田線で出て、伊勢崎線の快速に乗り換え。この「快速」というのが、追加料金が要らないにも関わらず特急並みの速さで会津まで行ってる電車で、車内では平日でも温泉に向かう人が宴会を繰り広げ…というのはまあ、どうでもよくて。今日乗った浅草方面行きも、かなり混雑していた。地方から出てきていると思しき大学生。友達に自分の田舎がいかに混雑と無縁か…と話し始めて、「東北自動車道は青森辺りになると、ほとんど車がいない」と言ったら、友達が「夜の北関東道くらい?」「そうそう、昼間でもあれぐらい」。例えがローカルで面白い。
北千住で千代田線に乗り換えて、うつらうつらしつつ、明治神宮前まで。歩いて代々木体育館のプール。久しぶり。正味1時間、1.5kmくらい泳いだ。今日はVAAMを飲んでいなかったけど、感覚的にはあんまり変わらんね。
プールから出ても2時前。一日が長い。天気が良いので散歩し、表参道から青山通り、裏道に入って青山霊園に向かう。青山あたりの裏道は、どこまで進んでもこじゃれた店が並んでいて、なんだか、なんというか、その、まあ、なんだ。途中、昼飯に、「そばのそ」という蕎麦屋に入った。鎌倉をイメージした感じの店内、まだ新しいようだ。いくらとろろ丼とせいろのセットで1050円。せいろが思いのほか美味かった。立地から考えると、コスパはまあまあか。夜は居酒屋のようで、夜に来た方が良さそうな店。
青山霊園に入り、南に下る。

建築中の東京ミッドタウン国立新美術館を一望。まったく、抜けるような良い天気。風が強くて空気が澄んでいる。こんな日にはさぞ展望台からの眺めが良かろうと、六本木ヒルズに向かうことにした。展望台に上がると、おお、すばらしい。冬でもこんな日はどれほどあるだろうか、という見通しの良さ。



こんな日には屋上に上がってみたいけど、屋上の東京スカイデッキはいまだに閉鎖中。このまま忘れられるのを待つつもりなのだろうか…。やっぱり、なにか事故でもあったのか、採算が合わなさすぎたのか。
51階まで降りて、メリディアーナという喫茶店でお茶。展望が良くて気持ちの良い空間だが、ケーキ(ティラミス)はまあまあ美味い、コーヒーは疑問(粉っぽい…機械の調子が悪いのか知らん)、という、まあ、いまいち。
そんなこんなでだらだらして表に出るとすでに夕闇が迫り、せっかくなのでイルミネーションを見物して帰ろう、とけやき坂方面に向かうと、広場のあたりが酷い混雑。どうも、ハリー・ポッターの新作公開記念で誰か来るらしい。誰なんでしょ。


こちらは坦々と、イルミネーションの撮影だけ。今年も青と白が基調

66プラザのは白、青、赤、黄、紫、あるいは緑、といろいろな色が順番に点灯していた。

日比谷線に乗って綱島まで。

今日もいつもの酒屋へ

綱島から、バスに乗って、心の酒屋、「お酒のアトリエ吉祥」へ。今日は「兼八原酒」があったので購入。麦を焦がしたような味が大変うまいんです。日本酒も、大層美味そうなのばかり並んでいて迷うぜちくしょう、という感じだったが、結局、神亀を購入。間違いは無し。ワインもボジョレー・ヌーボーを試飲したが、買うつもりにはならず。やっぱり私、日本酒と焼酎が好きなのだ。他に、ほたるいかの沖漬けが安かったので購入。帰宅し、酒宴。