日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

修善寺、そして式内社を巡って西へ

6時に目が覚めて、温泉ですからね、宿の風呂に入りに行く。風呂上りにぼんやりと川を眺めていると、ああ、今日もいい天気で、のんびりした一日が始まる。この宿、素泊まりだと6450円、朝食をつけると7500円なのだけれど、朝食をつけてよかった。おかず沢山の朝食は、最初にしじみ出汁の揚げ蕎麦、そして黒米入りの雑炊が出てくるのだけれど、この揚げ蕎麦のしじみ出汁が目の覚める美味さで、誠に鄙には稀だ。というか、昨日の晩飯にしろ、宿にしろ、このすばらしい朝食にしろ(味付けがすべてに渡って上品で、よく出汁がとられていた。)、奥座敷の名に恥じない品のよさが全体にわたってあるのだった、よきかな、修善寺
朝飯後にもまたまた風呂に入り、10時過ぎに宿を出て、宿に荷物を預けて周辺を散策。源範義が自害したと伝えられる日枝神社

そして修禅寺

さらには源頼家の墓などをめぐったけれど、特に修禅寺は全体のしつらえが大変良く、門前に腰掛けてしばらくのんびり。修善寺の町は、つい近年の台風だか豪雨だかの影響で、大規模修繕が行われていた

さて修善寺を後にしましょう。バスで修善寺駅まで出て、ここでレンタカーを拝借。ここから天城峠まで下って河津…などとも思ったけれど、慌しい旅でもなしと、とにかく西へ、まず土肥の町に入ってしまった。海水浴シーズンにはさぞ混雑するだろう町も、紀元節のこの日ながら閑散として、まずは昼飯。やまほどの刺身が大変にんまい

お茶はあまり美味くない。修善寺や三島はどこも茶が美味かったのだけれど、水の違いだろうかな。さて松崎まで風光明媚な西海岸を南下しつつ、折々神社に詣でようと車をすすめること暫し、目に留まった神社に参詣してみると

安良里の集落にある『多爾夜神社』は、いかにも万葉なる名前からも想像のつくとおり、やっぱり式内社であったのだけれども
多爾夜神社 多尓夜神社 (西伊豆町)
なんだか様子が変です。鳥居の傍らに『忘れじの塔』なる、予科練の英霊を祀る記念碑があり、社殿はコンクリート。この漁港で予科練の皆さんが合宿したことがあるそうで、それにちなんでここに記念碑があるようなのだけれど、まるで予科練を祀る神社のようになってしまっている。
なんだかねえ、などと言い合いながら、まあ予科練という話題が振られれば、当然、若鷲の歌の大合唱と相成るわ、車に戻った我々でありまして。話題が『日本のいちばん長い日』から『明治天皇と日露大戦争』へと進み、歴代天皇を演じた役者の話などでさんざ盛り上がるうちに、ああもう松崎の街だ。
街に入ってしばらく走ってあるのが『伊那上神社』

なのだけれど、これも式内社ではあるのだが、まるで道教のお堂のような風情で、あまり式内社の風格が無い。式内社の風格というのはまあ壮麗であるとか華美であるとかを言うのではなく、その歴史なりを反映した、中心ほど偏在していると言えばよいのだろうか、定型にはまりきらない矜持風情風格があるものだが、どうも伊豆の式内社はあまりそれを感じない。やはり火事で焼けては再建、ということが多いのだろうかなあ。
ちょっと進むと今度は『伊那下神社』


ここも式内社で、そしてそれなりに観光客が出入りしているような神社なのだけれど、入ってあんぐり。いたるところに木彫りの置物だの、相田みつをもどきの標語だのが点在しており、非常に残念なことになっている。神主さんのセンスなのかもしれないけれど、氏子さんにおかれては大変お気の毒なことであると思った。なんでこんなんしちゃうんだろうね。そのままにしておけばいいのに。
さらに少し山のほうに入って、重要文化財になっている『岩科学校』を見物

建物は大変すばらしい。中の展示資料は、まあ、地方の資料館のお約束で。外の茶店で甘酒を所望して、どうも、残念なことになっている式内社が多いのは何故でしょうね、などと談義して、さてそろそろ本日宿泊地、土肥に戻りましょうと、車を北に向ける。

談林なる一夜

松崎で、本日の宿泊は『玉樟園新井』という宿屋

花登筺の『細うで繁盛記』ゆかりの宿であるとかで、将棋やら囲碁やらのタイトル戦が多数行われ、文豪も多く投宿したというこの宿、平日ならば9800円という値段に惹かれてやってきたのだけれど。車が宿にのりつければ、仲居さんと番頭さんが下にも置かぬ接待、この道は長いのですと押しの強い感じの仲居さんが、きっちり部屋までご案内してお茶出し。
部屋は次の間付きで大変に広く、部屋からは結構な庭園が見えて



部屋の風呂は100%かけ流しの温泉が出てくる。食事は夕食朝食とも部屋出しで、夕食が終われば食器を下げて早速布団、翌朝も8時前には布団をあげてすぐに朝食の準備と、なにからなにまで、旅館の文法をはずさない見事なサービスっぷりで、これで9800円とはまことに申し訳ない限り也。そしてお約束、武者小路実篤の色紙

食事のほうも、これと言った外れは無いけれどもこれと言って大当たりも無く、とにかく種類は沢山出てくる夕食と、朝飯はやや上品だけれど、例の固形燃料には味噌汁がかかっていて、宿の朝飯は飯を食っている間に味噌汁が冷めてしまうのが難だがこれは工夫だ、と通俗作家あたりがよろこびそうな演出もあって、ええとなにを話したかったのか私は。
そう、つまり、日本の良い温泉旅館というのはかつてこういうものでした、というのを頑なに守り、まったく外すところが無いのだ。最近はやりのデザイナーズ旅館、お篭り旅館系を志向するような色気もまったく無い。ある意味、このままあと10年頑張ったら、文化財にでも指定したいほどであり、そしてそれは、ある者にはある時期から公然と批判されはじめ、やがて衰退をたどりつつ現在に至る、昔ながらの温泉旅館なのだった。
山のほうに海をのぞむ新棟があるあたりも

温泉仲居ものの昼ドラマなら、話のねたに事欠かないだろうと思わせる。
男湯のほうが女湯の倍くらいあるのも昔ながらの温泉旅館で、さすがにこれは、深夜に男湯と女湯が入れ替わるようになっていたけれども。
この様を見て、ああ、すみからすみまで、徹頭徹尾本寸法の談林調だ、一生懸命疑いなく頑張っているけれど結果として談林調だ、と、驚き感心した。例えば固形燃料であるけれど、修善寺で泊まった宿では、同じ固形燃料が朝食に用意され、そこには干物が乗っていた。上質の干物をその場で焼いて食べられることと、特徴の無い味噌汁をその場で暖めて冷めずにいただけること。価値観の問題なので優劣をつける話ではないと思うのだが、やはり、味噌汁のほうの『談林調』が際立っているな、とは思うのだった。
談林調って何?って思った皆さんに説明するのは難しいのだけれど、そもそもの意味としては
http://www.z-flag.jp/dic/archives/2006/01/post_333.html
のようなものだけれど、これではニュアンスが伝わらない。転じて、通俗的、いかにもガイジンが喜びそうな、というか。ニュアンスの問題で説明が難しいので、これ以上は説明しない。
先日紹介した四季倶楽部などは、徹頭徹尾、このような旅館サービスの対極として位置づけられると思う。いちいち仲居さんが来て鬱陶しい、布団をあげられずにゆっくり寝ていたい、食事をするところと寝るところが一緒はイヤだ、布団を上げた直後に朝飯だと埃が…、宿で出されるアルコールが高い、持込したい…。
箱根の『四季倶楽部』で、徹底した合理化に驚嘆する - 日毎に敵と懶惰に戦う
とはいえ、さてでは、談林調という切り口から考えて対極かと問われれば、また少し違う様相を呈するようにも思うのではあるけれど。
なんだか何を言っているのか自分でもさっぱりになってしまった。そうこうして一夜は過ぎ行くわけだけれど、時計をちょっと戻して。宿に入り、荷物を置いて、土肥には外湯もけっこうあるらしい。というわけで、歩いて海沿いにある『屋形共同浴場』へ。ビーチ至近だから、海水浴季節にはさぞ混むのだろう。風呂場の窓をあければ太平洋に沈む夕日が見えて、こぢんまりしているけれどまことに結構な温泉。受付のおねえちゃんがどうもフィリピン人らしく、たどたどしい日本語で一生懸命話しかけてくるのだけれど、後ろのカレンダーに今日の標語『言葉はうまく使うほど嘘くさくなる』と書いてあり、笑ったらいいのかどうしたらいいのか。
宿に戻って晩飯、昔懐かしい自動会計式の冷蔵庫から取り出したのはビールは2本と日本酒が1本。ビールが788円、冷酒が300mlのもので2000円と、アルコールできっちり利益を確保しにくるあたり、昔懐かしい旅館の文法が忠実だ。晩飯後、再び外湯に浸かりに行き、帰りに近所の寿司屋とスーパーでちょっと仕入れて、部屋で飲みなおす。温泉旅館の夜は早い。この日も早い時間に寝たのだった。