日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

四日市出張日記

6時起床、きょうお仕事すればとりあえず夏季休暇だわあい。8時過ぎに会社に出て、お仕事。打ち合わせなど。11時に出て、新横浜へ。夏休みの新幹線、新横浜のホームは子供が多く、なかなかの混雑。自由席はほぼ満員だったけれどもなんとか座席を確保し…子供が通路を走りまわるのも、夏休みならではですねえ…。お昼ごはんは、新横浜の駅で買った崎陽軒のしょうが焼弁当。シュウマイは入っていななったけれど、しょうが焼が沢山入っていて美味しゅうございました。崎陽軒の駅弁は安いし優秀だよね。
東海道新幹線に乗ると、かならず車内アナウンスで入る宣伝『時代の先端をいく雑誌「WEDGE」』。グリーン車には置いてあるあの雑誌、車内誌にしては尖がってる内容で結構面白いんだけれど、この接頭語というか枕詞というか修辞というか、なんか間抜けな感じがする。『百戦百勝の鋼鉄の霊将』とか、『ガンジー・キング・イケダ』的ななにか。
名古屋でワイドビュー南紀に乗り換え。子どもを2人連れたお母さん、ワゴンが廻ってきたらお弁当買うからね!と言っているんだけれど、4両編成の列車で、ついに、30分以上かかる四日市駅まで車内販売は廻ってこなかった。どうなっているんでしょうか。車掌さんは車内販売は廻ってきますよ、と言っていたのだが。津から乗りこむのかしらん。客先でお仕事。
割合早く終わったので、JRで一駅、富田浜で下りる

目指すは四日市の工場を一望できる、四日市ポートタワー。去年の夏も来たね
四日市ポートタワーからの眺め - 日毎に敵と懶惰に戦う
名四国道を越えて埋立地に向かえば、見えてきますポートタワー


300円支払って上る展望台は通常5時までの営業、土曜日と、7〜11月の日祝日は9時までの営業なので、工場夜景も楽しめる。相変わらず閑散としていますが…


四日市港とコンビナートの眺めはがっつり楽しめます




コンテナコンテナ



この先海

『工場萌え×四日市』のかっちょいいポスターも貼られていますね

『工場萌え』の本も置いてあったり、コラボと言うかフューチャーと言うか、そういう感じでした。コンビナート夜景クルーズもやるんですね、でも、全日程満員になっているみたいでした
http://kanko-yokkaichi.com/index.shtml
そろそろ5時なのでこのへんで。また駅まで暑い中を徒歩で戻り、普通列車で名古屋へ。ボックスのトイメンに座っている人、伊勢神宮まで18きっぷで行っていたみたい。赤福を沢山かかえている。名古屋について、さて、ここで晩御飯を食べていこう。実は一度も入っていなかった山本屋本店、名駅地下にあるエスカの店舗で。6時過ぎの時間はまだ空いていたけれど、出るころには行列が出来ていた

山本屋本店 エスカ店

食べログ山本屋本店 エスカ店

結構よいおねだんするのねえ…。モツ入りの味噌煮込みうどんと、ごはんを。漬物とごはんをおかわりして満腹になりました。味噌煮込みうどん、おいしゅうございました。赤福の2つ入り小箱だけ買って7時ののぞみに乗り、9時ちょい前に帰宅。サマーウォーズは一応録画予約。シャワー浴びたらもうぐったりしてしまい、そのままおやすみなさい…