読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

湯河原へ、西村京太郎記念館

日曜日、朝からよいお天気。昨日今日とトライアスロンを横浜大会をやっていて、昨日はワールドカップシリーズですが今日は趣味の方の部…っていっても、気合の入った趣味だよな…。


あたいもいちど、山下公園の沖を泳いでみたい。もう少しきれいになってほしい…

ぶらっと歩いてから


横浜駅に出て、親兄弟と合流、本日は湯河原の温泉にいくことになっておりまして。あまり計画性が無いので、普通列車で、しかも平塚まで立って行きましたよわはは。湯河原についてもまだお昼、蕎麦を食ってもまだいくらなんでも旅館にいくには早すぎる。万葉公園のなんのは今更であるし、さてどうしましょ、とここへ

西村京太郎記念館。西村京太郎が自宅の隣にオープンさせた記念館でありますよ。

ずらり並んだ単行本は600冊以上、今年でもう83歳なんですが、今年も毎月1冊以上のペースで新刊が出てるとか、すげーな…

真ん中にどーんとある鉄道ジオラマのあちこちで事件が起こっていたりします

鉄道の発展に貢献…まあ、そうかな…

細かいところにいろいろ面白い工夫が

歴代の十津川亀井コンビの配役の表なってあったり

最近は亀さん役を高田純次がやってるんだよね、めっさまじめにやってて、いつこの人は突然脱ぎだしたりするんだろう…と思うんだけど、そういうことはしません

入館料は820円とちょっと高いし、展示室も2階のこれだけなんですが1階に喫茶室があってそこで飲めるコーヒーがついていた(なかなかおいしいコーヒーだった)。
で、ですね。なんとこの日は西村京太郎先生ご本人がお隣の自宅から出張っていて、本を買ったらサインを入れてくれて、記念撮影までしてしまいました。喫茶室に降りてきたら奥に座って本を読んでて、ちょっと面白かった。日曜日の昼過ぎにはいらっさることがあるようですぞ。のんびりお話してくれたりします(気さくな人だった)
思わず面白い体験をして、バスにのって奥湯河原へ


本日のお宿は山翠楼というところ。本来はかなり高い旅館なんだけど、横浜市の共済かなにかで安く泊まっているわけですが、屋上のお風呂からの眺めがいいですなー


んで、まあ、いい旅館であることは間違いないし

そして内部の改装もかなり頑張っていてきれいなんだけれど、特にサービス面において、やっぱり古い旅館だよな…というか、サービスのあり方にも流行り廃りがあるな、というようなことを思った。部屋食の良し悪しとか、まあ、いわゆる伝統的な旅館のお約束みたいなとこで、ね。こないだの道後温泉の旅館と比べたりするとね。でも、料理の手の凝り方はこっちのほうが上だと思いました



お風呂に入ってご飯をたべて、どうにも日頃の疲れがどっと出てきた感じで、早々に寝てしまいましたです
在華坊(@zaikabou)/2014年05月18日 - Twilog