日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

東京国立博物館『日本国宝展』と、また落語を…

土曜日、早起きして日記書きなどしまして、お出かけ。10時には上野へ。よい天気で気持ちが良い。東京国立博物館の『日本国宝展』へ
東京国立博物館 - 展示 日本の考古・特別展(平成館) 「日本国宝展」
よくまあこれだけ集めたね、という、国宝国宝国宝のオンパレード。節操無く…あ、いやいや。ここ数年、自分があちこちの美術館で見てきた国宝をダイジェストで全部見せてくれます、みたいな展覧会であった。もちろん未見のものもたくさんあって、和歌山の有志八幡講所蔵の阿弥陀聖衆来迎図なんか素晴らしかったし。玉虫厨子とかやっぱり実物見ると感動するし。5mもある元興寺極楽坊五重小搭も、眼福であった。日本人、ミニチュア好きな。
東寺百合文書もいろいろ見られたしなー。百姓一揆はしません、という室町時代の『上久世庄百姓等連署起請文』まあ、農民がみな字が書けるわけもなく、それぞれ自分の名前、屋号かな、の下に稚拙な花押のようなものを書いてあるんですが、まさか当時のお百姓さんも、自分が書いたものが国宝になるとは思わなかろう…。
まあそんなこと言うと、井戸茶碗が国宝になってる、ってのも、造った朝鮮半島の人にしてみればファッツ!ってなもんだろうけど。一括指定だけど、紅型なんかも国宝あるのなー、と、とにかく幅広い分野の国宝をあれも、これも、と、楽しくみられる展覧会だったのでした。
博物館を出て四谷三丁目へ、フクナガでラフランスのパフェ食べて、有楽町でちょっと買い物など。帰宅し、最後のおさらいをしてから、酒房ぴーの落語会。写真を拝借…

牛ほめ、短命、芝浜と、三席たっぷり、聴かせていただきました。自分は前座で、壺算を

終了後は、楽しいお酒
在華坊(@zaikabou)/2014年11月15日 - Twilog