日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

島後を後に、島前・中ノ島へ

6時半起床。7時に宿にて朝飯。8時半の船で島を立つ前に、港に程近い式内社『水祖神社』を参拝する

港に近い川沿い…というか、河口に程近いところにある神社。周囲は漁村らしい風景

さて、朝からすがすがしい気分になって、フェリーに乗ろう

デッキの座席に座り、海を眺めていると、島影が見え隠れする



1時間ちょっとで、船は中ノ島、海士町


観光案内所で借りようとしたレンタカーはタッチの差で逃し、仕方が無いので、受付窓口の可憐な観光協会嬢の言に従い、島内200円均一の路線バスに乗る。この島は後鳥羽上皇の流された島で、大歌人の後鳥羽が流されたから…というわけでもないだろうけれど、島後や、あるいはこの後に訪れる西ノ島よりも落ち着いた雰囲気で、なんだか好感の持てる島だ。バスが着いたところは、隠岐神社

後鳥羽上皇没後700年を記念して創建されたというから、1939年、昭和14年。随分と大仰な神社ではあるけれど、創建当時の時代背景を反映したようなその神社は、いかにも官立という造りで、趣にも面白さにも欠ける。その脇にある、御火葬塚や、屋敷跡やら後鳥羽神社やら

どこもかしこも歌碑だらけで、しかもあんまりにも身の境遇を儚む歌ばかりで、少々可笑しくすらなってくる。史料館も見物し、後鳥羽上皇の御製を詠唱すること暫し。この島にある2つの式内社も訪ねたいところだけれど、どうにも足の便がないので、とにかくタクシーで菱浦の港へと戻り、島前を行き来するフェリーの11時30分の便に乗り込んだ


島前を行き来する船は、フェリーターミナル以外の港にも寄港しており、便数もそれなりだけれど、それにしても少ない。他の交通手段が無いか聞いたところ、海上タクシーはあるらしいけれど、5000〜6000円、という話を聞いて興がそがれたので、止しておくことにしよう