日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ロンドンパリの旅 1日目 ポートベローマーケットと大英博物館

横浜駅YCATから、深夜バスで羽田空港国際線ターミナルへ。Wi-Fiの端末を受け取り、JALの窓口でチェックインして荷物を預け、優先窓口に案内されて荷物検査をして、自動化ゲートで出国するまで、バスが着いてからわずかに15分。空いている時間の羽田空港はほんとうに楽である。

f:id:zaikabou:20200210132605j:plain

さくらラウンジでお約束のカレーをいただきます。この時間にいる人は欧米路線の人ばかりなのだろうか

f:id:zaikabou:20200210132611j:plain

JALの0041便、2時45分発のロンドンヒースロー行きに搭乗。JALの787はシート配置が2-4-2なので、今回は予約したときに窓側の2列シートにしておいた。JALのスカイスイートだと、エコノミーでも長時間フライトにも十分耐えられるし、それで窓側の2人並びだと、さらに快適であります。

真夜中なので、水だけ配られてお休みなさい。北回りで窓の外は12時間ずっと夜なので、景色を眺めるわけにもいかない。時計の針を9時間遅らせた上で、深夜の0時をまわったころ、ぼんやりと起きだして、映画を見る。今話題の『パラサイト』。確かのこれは面白い。脚本の練られ具合が良い。わかりやすく戯画化しながらいろいろ読み取れるようにしてあるところなども、国際市場をよく意識した作りをしているんだな、と思った。しかし、終盤、なんであの空間の存在を警察に知られずに済むのか、とか、かなり勢いで押し切っている部分はあるよね。

到着しばらく前にご飯が配られて、いただきます。若手シェフの選抜メニュー的なものらしく

JAL、国際線機内食を刷新 若手有望シェフ新メニューや新ご当地丼

メインも良かったが、副菜がいちいちレベルが高くて、エコノミーでも美味しいものが食べられて満足…でありました。このJL41便はフライト時間の長さのわりに出発・到着時刻の関係で1食だけだけど、通常は欧米路線は2食出るんですね。

現地時間の午前6時前にヒースロー到着。海外なのに漢字がどこにもないことに戸惑いつつ(最近、漢字圏にしか出掛けてなかったからね)

厳しいらしいと噂のイギリスへの入国は、日本のパスポートなら自動化ゲートを通れるから楽なのだが、自動化ゲート対象国から来る人の割合が多すぎるので、有人ゲートはスイスイ、自動化ゲートに大行列、という不思議な事態になっていた。自動化ゲートは増設中だったので、もうしばらくしたら解消されるのだろうか…

目の前で何人も自動化ゲートに撥ねれる人がいる中(顔認証がイマイチなのだろうか)、こちらは何事もなく無事に入国し、荷物も受け取って、さて。一番早いのはヒースローエクスプレスらしいけれど、宿泊先がサウスケンジントンで、ヒースローから地下鉄1本で行けるところなので、地下鉄ピカデリー線に乗る。

改札口で、恐る恐るMasterCardをタッチしたら、おお、無事に通れた!コンタクトレスで持ってきたクレジットカードがそのまま使えるの、楽だなー。割引運賃の適用も自動的にやってくれるそうなので、ありがたい。

とても狭い地下鉄に40分ほど揺られて、そして本当にロンドンの地下鉄は、車内はもとより、ホームでも携帯が通じないんだな!と驚きつつ、サウスケンジントン着。

f:id:zaikabou:20200210132355j:plain

出口改札もクレジットカードをタッチして無事に通れた。

f:id:zaikabou:20200210132359j:plain

土曜の8時45分のサウスケンジントン駅前はあまり人はいないが、それなりにサンドイッチを売る店などは開いていて、街中にどこでもコンビニのある東アジアの便利さとは違うけれど、それなりに食い物に困るようなことは無いのかなー、と思う。

目の前にV&Aミュージアムがある、宿泊先の『ザ レンブラント』に荷物を預ける。このオランダの画家の名前を冠したホテル、窓口氏は巻き舌のイタリア鈍り?でちょっと英語が聞き取りずらいが、概ね親切な感じ。

またサウスケンジントンに戻り、こんどは別の地下鉄に乗る。セントラル線とディストリクト線は、黄色と緑だから、銀座線と千代田線ですね。空港から来たのは青だから東西線…いや、濃い青だから三田線か。さっきの地下鉄はやたらと狭い車内だったのに、こんどは広い。てっきり、狭い方が古いのかと思ったら、開削工法で建設された初期型のほうが古くて車両が大きく、シールド工法で建設されたほうが新しくて車両が小さいそうな。どちらも軌間は1435mmの標準軌

 ノッティング・ヒル・ゲートで下車して、住宅街を歩いていくと、ポートベローマーケットに行き当たる

f:id:zaikabou:20200210132351j:plain

土曜日に開催されるロンドンでも最大規模のアンティークマーケットで、アンティークショップが多数あるほか、道端にも屋台のアンティークの店が出ていたり、建物の中に入っていくと小規模なアンティークショップの集合体になっている場所があったり、なかなか楽しい。

しかし楽しいのだけれど、骨董が欲しい目線で見て、これ、というものがあるかというと、そうでもなく…。時々よいものがあって値段を聞いてみると、馬鹿みたいに高かったりする。掘り出し物を求めるバイヤーの人などは、バスで行く郊外のアンティークマーケットを目指すそうで、ポートべローマーケットは観光地的要素が大きいのだな。時間が経つと混雑がすごくなってきた

f:id:zaikabou:20200210171322j:plain

薩摩焼などが豊富なショーケースを覗いていたら、店主に声を掛けられ、昔は日本人がよく買ってくれたけど、今は中国人だね…もっと日本人も来て欲しい、あっ、一番の上得意は横浜の人だよ、などと。(わかりやすい英語で話していただけるので非常に助かります)

別の露店に並んでいた、横浜焼かな?と思うような非常に薄手の蓋碗は、平安貴族のような謎の絵柄で、しかし絵自体は意味的な破綻は無くきちんと描かれており日本のものと思われ、本当に横浜焼かもしれないと思ったが…。となりにあった小さい茶杯が£400と聞いて、こっちも買えるような値段じゃなさそうだな…と思ってやめておいた。安ければ検討するけど、5万も10万も払うほどではありません

9時半くらいに行ったタイミングではそれほど混んでいなかったけれど、どんどん人が増えてくる。食べ物を扱う出店なども眺めつつ、雑貨屋を覗いたり、スーパーマーケットも覗いたり。道沿いの店でサンドイッチと珈琲を買って、早めの昼ごはん。

f:id:zaikabou:20200210171317j:plain

具材がみっちり詰まったサンドイッチは£5ちょっと。半分に切ってくれた。2人で分けてもかなりおなかに溜まる。イートインと持ち帰りで少し値段が違う。サンドイッチとても美味しいけど、バケット系のパンだったから、これはフランス系のサンドイッチの店だったのかもしれない

f:id:zaikabou:20200210132408j:plain

端っこまで行って戻ってくる途中で入った『ADMIRAL VERNON ANTIQUES MARKET』という、小さなアンティークショップ集合体が良かった。金彩のデミタスかどが山のように積まれたお店があり、お値段は張りそうだが見ていて楽しかったし、1階の北西奥にあるお店はアンティークタイルとかカップ&ソーサーなどが比較的お手頃な値段で売られており。

人のよさそうなおじいさん店主に、いずれも100年ほど前の、£28のカップ&ソーサー2組と、同じく£28のタイル、全部でいくらになりますかね、と聞いてみたところ。うーん、ちょっと待ってね、と値札を見つつ、ややあって、£70でどう?と。ありがとうございます!買いました。プチプチで丁寧に梱包してくれた。

 もうお昼だ。マーケットの通りを出て、少し住宅地に入り込みつつ

f:id:zaikabou:20200210171313j:plain

駅に向かっていたら、イタリアからきている、日本にも行ったことあるよ、というおっさんに話しかけられる。で、記念撮影などしようとしていたら、突如、警察手帳を持った2人組に話掛けられる。

なんか怪しいな…制服も着てないし…とは思ったのだが、イタリア人のおっさんは妙に協力的なのでつられて、パスポートを見せたり、財布を見せたり(麻薬をやってないか紙幣のにおいを嗅ぐのだという)してしまったが、クレジットカード見せろというかたりでさすがにこれは…となり、しばらく拒んでいたら、もうよい、と解放された。あとから考えるに、あれはイタリア人のおっさんもグルの偽警官詐欺だったのだな…うーむ…。幸い、被害が無くて良かったが…。

やっぱり油断しちゃいかんわ…と思いつつ、地下鉄に乗る。こんどは赤い丸ノ内線…ではなく、セントラル線で、トットナム・コート・ロードへ。大英博物館は入場の列がすこし出来ていて、荷物検査して中へ。

f:id:zaikabou:20200210171234j:plain

ご存知の通り、イギリスの国立美術館博物館は基本的に無料なのだが、入口のところで、寄付金、ドネーションを募る人が立っており、そこに案内されるのであります。もちろん払わなくてもいいけれど、£5寄付しておいた。

中に入ってとりあえずトイレ…。日本のように地下鉄駅でもトイレがあるわけじゃないので、とりあえずトイレのあるところに入ったらトイレ。しかし、入ったトイレはいくつもある小便器がどれも溢れそうになっており、なんとか溢れてないところで用をたしたが、出る頃には男性トイレだけ使用中止になっていた。

f:id:zaikabou:20200210171238j:plain

気を取り直して、さて、とにかく広すぎるので、何を見たものか。£2で買ったマップと、『地球の歩き方 ロンドン』に載っていた館内マップを頼りに巡る。ちなみに、『地球の歩き方 ロンドン』には、大英博物館、V&Aミュージアム、ナショナルギャラリー、テートブリテンの館内図がかなりしっかり掲載されており、これはとても役に立った。

f:id:zaikabou:20200210171242j:plain

まずはもちろん、展示室4のロゼッタストーンを。やはり実物と対面すると感動しますね…。そしてその周囲のエジプト部門や、アッシリア王のライオン狩りのレリーフなどを観察。しかしこのあたりのバカでかいものたちをみていると、なぜこんな巨大なものを持って来てしまったのか…という疑問が湧いてしまう。

f:id:zaikabou:20200210132413j:plain

f:id:zaikabou:20200210132417j:plain

展示室18のパルテノン神殿の彫刻を見ていると、凄すぎてだんだん笑ってしまっていた。これはギリシャから返還を求められているんだよね…

f:id:zaikabou:20200210132431j:plain

f:id:zaikabou:20200210132439j:plain

そのほか、いわゆる推奨される展示品を徘徊。モアイ像が思ったより大きくないかな。ミイラコーナーがとにかく混雑していて、大人気。所謂、観光ルート的な「みどころ」はクリアして、あとは時間が許す限り見て回る。

日本の展示が展示室92~94まであり、これは三菱商事がお金を出しているのね。2008年から10年契約で「三菱商事日本ギャラリー」の設置がはじまり、もう10年間延長中であるそうで。応挙の屏風とか、なかなか良いものもあるのだが

f:id:zaikabou:20200210132404j:plain

最近の工芸品とか、高倉健とか、ちょっと不思議な展示もある。

f:id:zaikabou:20200210171246j:plain

こういう、限られた空間で包括的に日本を紹介するのは難しいよね…。展示構成は誰がやったのだろう。

貨幣コーナーでは、ジンバブエハイパーインフレのモニュメント的なものがあるのだが…

f:id:zaikabou:20200210132421j:plain

その奥のコーナーでドイツのハイパーインフレ期の紙幣、いわゆるノートゲルトですかね、それの特集展示があって

f:id:zaikabou:20200210132427j:plain

英国ジョーク味を感じた(偏見です)

展示室は1から95まであるのだが、順番に全部回る人はそうそういないだろう。とりあえず見える限りは見て行ったのだが、展示室1の空間がなかなか感動的だった

f:id:zaikabou:20200210132459j:plain

f:id:zaikabou:20200210132446j:plain

f:id:zaikabou:20200210132456j:plain

巨大な書斎的な空間に『驚異の部屋』的にあらゆるものが詰め込まれており、これぞ大英博物館、イギリス人はやっぱり、こういうのが好きなんやなー、と思ったです(偏見です)

で、感動したのが、広大な中国コーナーを巡った後に入った、展示室95なのである。Sir Percival David による中国磁器コレクションなのだが、これが物凄い。

f:id:zaikabou:20200210132517j:plain

f:id:zaikabou:20200210132532j:plain

f:id:zaikabou:20200210132536j:plain

茶杯やら茶器やら皿やら、個人コレクターが好きそうな景徳鎮をはじめとした中国磁器が、これでもかと詰め込まれている。中国本土でもこの方向性でこれだけのものは見れないのでは

f:id:zaikabou:20200210132540j:plain

f:id:zaikabou:20200210132512j:plain

f:id:zaikabou:20200210132504j:plain

壺や大皿などの大物はあまりないので、そういう意味ではそれほどでも…なのだが、とにかく個人で茶器とか集めている人には刺さりまくる展示内容なのだ。中国茶好きのなかの茶器好きの人がいったら悶絶するよ…というか、した。よくぞこれだけ、全時代にわたって、極めて質の良いものばかり…欲しい… とにかく欲しくなるのですよ…

Percival David - Wikipedia

結局、4時間半ぐらい滞在してしまい、なんとか駆け足で一通りは見たかな…という感じに。そろそろ閉館時間なので外に出ましょう。

f:id:zaikabou:20200210171342j:plain

f:id:zaikabou:20200210171309j:plain

また同じトットナム・コート・ロード駅まで戻り、地下鉄でメリルボーン駅へ。国鉄の駅もあるとことですね。

f:id:zaikabou:20200210171259j:plain

ロンドンは各方面に向かう行き止まりのターミナルが街中のあちこちにあって、それらを結ぶ山手線的なものはなく、地下鉄がそれぞれを結んでいるわけですが、メリルボーンは比較的小さなターミナルなのかな。夜の街を少し歩いて、こちらのお店に

f:id:zaikabou:20200210132526j:plain

『SEASHELl of LISSON GROVE』は、フィッシュ&チップスの有名店。いくつかある魚の選択肢の中から迷った末、タラと小ダラを選んだが、魚の大きさよりも、芋の多さに唖然となる

f:id:zaikabou:20200210132522j:plain

さすがに全部芋は食べきれず、少し残してしまった。お客さんはひっきりなしにやってきて、みなさん、フィッシュアンドチップスを食べて出ていく。入った店はファストフード的な店舗だが、隣に同じ店のレストランもあったらしい。間違えてしまったけど、まあ、いいか。おさかな美味しゅうございました。

地下鉄以外も乗ろうと、メリルボーン駅でバスを待つ。google mapsのおかげで、目的地に行くために乗るべきバスもすぐわかるし、接近情報もわかるから実にらくちん。

f:id:zaikabou:20200210171253j:plain

空いている赤い2階建てバスの2階最前列に座れたので、街の様子を眺めながら宿に近いハイドパークコーナーまで。すこし歩いてスーパーマーケットのウェイトローズへ。英国王室御用達とか言われる、わりと高級なほうのスーパーですよね。

f:id:zaikabou:20200210171305j:plain

お土産もここで買うのも良さそうだけれど、この日は品ぞろえを見るに留めて、いくらか夜のお楽しみを物色。サラダとかハムとかビールとか、外食の高さに比べると比較的リーズナブルに感じる。ワインも安い。外食は贅沢、中食が良いのかもしれない。欧州に来ると外食せず、ホテルで飯にするタイプの人の気持ちも理解できてくる。

お買い物して、閉店間際のハロッズを少し覗きつつ、ホテルに戻る。巻き舌の窓口氏からカードキーを受け取り、ベルキャプテンから荷物を受け取ろうとしたら、部屋に運んでくれるというので部屋へ。

f:id:zaikabou:20200210132548j:plain

しかし、しばらく待っても荷物は来ず、シャワーも浴びてもまだ来ない。30分くらい待ってもまだなので、さすがに何かあったかとロビーまで下りたら、ベルキャプテン氏、あれからいろいろ(いろいろをあらわすジェスチャー)あってね!すまんね!という感じで部屋まで一緒に運んでくれたので、チップを£2渡したのだった。なんかラテンのノリを感じるホテルだ

f:id:zaikabou:20200210132552j:plain

そんなわけで、ちょっとお部屋で食事の続きを。肉製品がやっぱり美味いな、ハムサラミ類がたっぷり入って500円くらいで買えてうれしい。そしてこれ

f:id:zaikabou:20200210132556j:plain

ウェイトローズで3本£3.60だったビール。わりと良い。1本170円くらいですね。買い物したウェイトローズには冷やしたビールは売ってなかったんだけど、外で飲まずに家で飲めよ、という意味なのかな。ほかのスーパーは普通に冷やして売っていたので、謎

そんなこんなで、英国の1日目が終わるのだった。途中、機内でいくらかは寝たけど、17日の朝から18日の夜まで、9時間の時差を越えて50時間くらい、ずっと続いていたような1日だったので、とにかく長かったです…さすがに疲れた

ちなみにこの日、地下鉄に4回とバスに1回乗って、 ヒースロー空港はゾーン6、それ以外はすべてゾーン1だった。請求は後からきていて、請求額は£8.70。どのように計算されたらこうなるのか、仕組みはよくわからぬ…

在華坊(@zaikabou)/2020年01月18日 - Twilog