日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

福岡へ。ABEL、うどん和助、屋根裏獏

仕事じゃないんだけど、まあ仕事かな、みたいな用事で福岡に行くことになった。日ノ出町から京急エアポート急行に乗り

羽田空港へ。JALオンラインのサービスで、サクララウンジが使えるというので、ちょっとビールを朝から…大手4社の銘柄全部あるんですね


8時25分の福岡行にのる。機内販売、いい加減、ロクシタンも飽きるよ…

10時過ぎに到着、まずは赤坂まで地下鉄に乗り、ここのお店へ

sweets & candy ABEL | 焼き菓子とキャンディーのお店 あべる
しばらく前の出張時に知って以来、この『ABEL(あべる)』にはちょくちょく買いに来ていまして、焼き菓子、チョコレート、キャンディ、コンフィチュール、なんでもうまいんです。チョコレートは暑い時期はやってないのかな

今日はタルトも旨そうでなあ…グレープフルーツのタルト。食べたい…

店を出て、ぶらっと歩いて天神方面へ。昼はここで

六本松にある『うどん和助』という店が、天神にもお店を出したんですね
うどん和助
ごぼううどん600円

カリッとしっかりごぼう天も、もちもちつるつるのうどんも、汁も程よくあぶらを含んで、とても美味かった!これはまた来たくなる味。お昼御飯もすませたので、午後は所要。終了後、飲み会。いろいろ興味深い話が聞けて良かった。別れて、ちょっと天神へ

以前、久住昌之さんか、牧野伊三夫さんか、どちらだったかな。ここで出てくる本のどれかだったと思うのだけれど
『野武士のグルメ』、そして今宵も酒場で - 日毎に敵と懶惰に戦う
福岡にある屋根裏獏というところがとても良い空間だと聞いて行ってみたいなあ、と思っていて、また先日、渋谷のD&DEPARTMENTでも、福岡特集のd travelを見て
どうぶつドーナツ、肉のヒマラヤ、西村のフルーツパーラー、門前仲町の日本酒、そして横浜スタジアム - 日毎に敵と懶惰に戦う
それにもこの店について言及があり、ああ、行ってみよう!と思ったのだった

細い階段を上った先には、ギャラリーと

素敵な雰囲気のカフェがありました


とても居心地の良い場所で、名物のバクオムレツもおいしかった!

よい気持ちになって、西鉄に乗って

薬院へ。本日のお宿に向かうわけですが、それは別項にゆずりましょう
在華坊(@zaikabou)/2014年07月26日 - Twilog

福岡は薬院のお宿『西亭』に泊まる

先日、渋谷のD&DEPARTMENTに行ったところ、d design travelの最新号として『福岡』号が出ており
d design travel 福岡 - D&DEPARTMENT PROJECT
その特集展示をしておりまして。たまたま翌週、福岡に行く予定があったため、なんかいいお宿はないかなー、と見ていて、おおっ!と思ったのがこちらでした
福岡/白金のお宿│フランス料理・旅館 西亭
なにやらおいしい朝ご飯が出るみたい…と電話で予約、感じのよい女性が対応してくれて、朝ご飯も事前に予約して、当日は22時くらいに到着

で、なんだかとてもきれいな宿である!いや実は私、当初は、駅前旅館的な風情のお宿なのかな?みたいに思っていたんですよ。ちょっとぼろいけど、ちゃんと朝飯出してくれて、畳の部屋で眠れるような、そういう
宿。出張だとビジネスホテルばかりになりがちだけれど、そういうところになるべく泊まりたくて…以前も書きましたが
『野武士のグルメ』、そして今宵も酒場で - 日毎に敵と懶惰に戦う
でもここは、もっときれいな、ちゃんと女性でも満足できるタイプのお宿だったのでありますよ。部屋はトイレは無いけど、すっきりシンプル過ごしやすい


宿の中も雰囲気が良い


部屋には、お茶と、冷蔵庫にミネラルウォーターと、夜のデザートも用意してありました。


これはあれだね、日本的おもてなしをリーズナブルに体験できて、外国人が喜ぶタイプのお宿やね。共同のお風呂にゆっくりつかり、デザートもいただいて、おやすみなさい…
翌朝、シャワーを浴びて(お風呂とシャワーが1つずつあって、こういうところも外国人の宿泊を意識している感じ)、さてあさごはん。庭の見える部屋に

用意されたあさごはん

いやこれが、もう、おかずがどれもこれもおいしくて、とても幸せな朝食だったのでありますよ…。はあ、ごちそうさまでした…

部屋代が8,000円、朝ご飯が豪華版のほうで1,700円、税別。まあ、安くはないけれど、これでこのクオリティなら満足できるお宿であるなあ、と思ったのでした