日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ベトナムの美術博物館


次に、美術博物館へ。なにかの賞の入選作品の展覧会をやっていた。一応ファインアートであるからファインアートではあるのだけれど、やはりというかなんと言うか、革命の勝利、明るい社会の建設系の作品もちらほら。ハイヴァントンネル建設頑張りましたね、みたいな絵とか、1945年1954年1975年、みっつの記念日についての版画とか。それでも、なかなか興味深い作品もいくつか。
2階は、ホーチミン先生と私、みたいな絵もあったが、ベトナムの有名作家の特集陳列が行われていたりして、これもこれでなかなか面白かった。
3階がやはり一番クオリティが高く、ベトナムの歴代王朝時代の美術品、骨董品などが飾られていた。螺鈿の細工がされた家具もいいし、1000年以上前の仏陀の木像など、まことに良い出来で心躍るものがあった。
随分と長いし、建物の外に出ると、敷地内にギャラリー、画廊が多数ある。面白そうなので数件のぞき、そのなかで

の店にあった絵に惹かれる。画廊のお姉さんは英語が堪能で、いろいろと作家についても説明してくれて、この絵は70ドルだと言う。だいぶん迷ったが、えい、と購入。ついでにハノイの水上人形劇のパペット的なものもいくつか購入した。
お姉さん、額の塗りなおしをして、とても丁寧に梱包をするので30分くらい別の画廊でも見ていてくださいね、というのでそうさせて貰い、しばらくして受け取る。良い買い物をした。