日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

今日の徘徊日記

7時起床。じめじめはしているけれど、良いお天気、なかなかの洗濯日和。シーツを洗って干したりしつつ、朝ごはんは納豆とオムレツなど。納豆オムレツではありません。
9時半頃に出かけて、東京駅でちょっと用事を済ませて、三越前まで歩き、半蔵門線で清澄白河。東京都現代美術館で、大岩オスカール展と、屋上庭園。大岩オスカールの力強い絵の数々を見て満足する。常設展は展示替えでお休み中。企画展をやっているのに、常設展が休みとは珍しい。1月まで使える、常設展のチケットをくれた。

歩いて清洲橋近くの倉庫のギャラリー群で5件。タカ・イシイギャラリーの、村瀬恭子がとてもよい。絵の前で、じっと10分くらい、動かずに見ている青年がいた。さらに歩いて…しかし、暑い、溶けそうだ…歩いて…浅草橋へ。タロウナスの入ったビル、他にもギャラリーもう1件。ここで昼ご飯。

同じ雑居ビルの2階に、雰囲気の良い、ギャラリーが経営しているのだろうか?食堂があり、レバノン風ビーフストロガノフのピクルス添え、パセリのサラダ(タブリというそうです)、食後にハイビスカスティーとヨーグルトのような不思議なデザート、マシュマロラバニ。微農薬だそうで、おいしゅうございました。ドイツの雑貨を売っている店があったけれど、みんなお値段が高い。駅に近いギャラリーをもう2件。
暑くて朦朧とするので、浅草橋から千駄ヶ谷に出て、プールへ。2kmほど泳ぐ。さすがに暑いからか、混雑していた。
また歩いて、途中で知育玩具の店を冷やかしたりしながら、表参道へ。KIDDYLANDを覘いたあと、となりのブルガリの入ったビルでギャラリー1件。それにしても、表参道は人がどんどん多くなるな。だんだん増えていたのが、表参道ヒルズが出来たことでさらに増えて、そして地下鉄の開通がさらに拍車をかけている。青山通りから明治通り方面を見下ろすと人の頭ばかりが延々と見えて、ちょっとうんざり。
さらに明治通りを南下して、宮下公園のところで右折し、デモの行列を横目に、東京ワンダーサイト。雨宮庸介の演劇的な展示が面白かった。まあ、りんごのモチーフとか、手法とか、いつも変わらないのだけれど…
渋谷の東横のれん街で店を出していた小川軒のレーズンサンドを買い、綱島で美容院に行き、両親とちょっと飯。昔からある中華料理屋に行ったのだが、あまりの味の劣化にびっくりする。なんだこのチャーハンは。びちゃびちゃ柔らかくて、ところどころ、ご飯が白いままだ。ひでーな。これだったら、中国人夫妻がやっている、ワリと小汚いほうの中華料理屋にいけばよかった…。この日は実家に帰る