日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

無印良品「素のままシリーズ」の新商品にいろいろ味付けしてみる

本記事は、プログタイムズというところから依頼を受けたタイアップ記事みたいなもんです。内容としては、サンプルをいただいて実際に食べてみた感想です。
無印良品で、以前から、何も味付けしないポテトチップス『素(そ)のままポテトチップス』が発売されていたのですが、これに新作として3月に『素のままポテトチップス ウェーブカット』が、4月に『素のままポップコーン』と『素のままひねり揚げ』が発売になりました。
http://www.muji.net/store/pc/user/potato/index.jsp
というわけで、試食してみます

価格はすべて税込105円。袋をあけるとこんな感じ

ではさっそく試食してみましょう

素のまま食べてみる


ポップコーンは、本当に、家で作って何も味をつけていないポップコーン、という感じ。このまま食べてもあんまりおもしろくないので、味付けていろいろ試してみたいですね

ひねり揚げは、ちょっと食塩も入っていて、若干塩味がきいていてカラッと揚がってます。このままでも好きな人はすきかも

ポテトチップスはざくっとした食感が良くて、まあこれも食塩が使われていないので味はあんまりないのですが、油が悪くないかんじでけっこういけます

味付けパウダーを試してみる

で、この「素のままシリーズ」の特徴として、自分で味付けするためのパウダーが別売りされているのですね。

すべて3.5g入りで32円。自分で好きな味が楽しめる、というわけ。現在発売されているのは、塩昆布、マンゴーチリ、スモークチーズ、しいたけ、チキンくんせい、メープルシュガー、黒こしょう、柚子こしょう、カレー、塩キャラメル、ハーブソルトの11種類。塩昆布としいたけは、ネットストアでアイデアを募集して作られたそうです。
本来であれば袋に直接入れてまぜまぜするところですが…

今回はいろいろな味を試したいので、100円均一で売っているジップ式の袋を使って混ぜてみます。袋にいれて、パウダーを振りかけて、まぜまぜ

最初にしいたけ味。これはだしの風味がすごく強くて面白い。ポテトチップスとかポップコーンは、個人的に和風味が好きじゃないので合わないけれど、ひねり揚げには良いかな

次にスモークチーズ。スモーク感がすごく強くて大人の味です…。ひねり揚げにはちょっと合わないけれど、ほかの2つとかなかなか

そして塩キャラメル。おお、甘い!やっぱり、ポップコーンとの相性がすごく良い。ひねり揚げはちょっと…。なんだか、ディズニーランドにいるような気分になってきます。ディズニーランドに行くと、あっちこっちでいろんな味のポップコーンの香りがしてくるんだよね

マンゴーチリ。これすごく良い。マンゴーの酸味とチリの辛さ、ということなんですが、ポップコーンだと甘さが強調されて、ポテトチップスだと酸味が強調されて、ひねり揚げだと辛さが強調されて、それぞれに複雑な味ですごくおいしい。
正直、食べるまでは、わざわざ別々に買って自分でまぜるなんて面倒なことせんでも…と思っていたんですけどね。それぞれのパウダーがすごく良く出来ているし、いろいろ味付けしてみる面白さもあるし、やっぱり、最後に味をまぜることによるフレッシュな味わいというのもあるんでしょうね、思ってたより面白いです、これ

いろいろ味付けしてみる

というわけで、パウダー以外の味もつけてみました

最初に、七味唐辛子。唐辛子味も結構おいしかったのだけれど、やっぱり、うまく混ざらない感じ。純正パウダーは、素のままシリーズとうまく混ざるように出来ているのだなあ、と感心する結果に。粉末をまぜるのではなく、ディップするほうもやってみましょう

そこはふつう、ケチャップとかマヨネーズだろ!って突っ込みは甘受しつつ。こういう酒のつまみっぽいものばかりある家なのでご容赦。右から、かつお酒盗、かぐら辛っこ(新潟で作られている、かぐらという野菜を使った辛味調味料)、そして柚子こしょう。でねえ、いろいろつけてみたのだけれど、うーん、どれも味が強すぎてなんだかなあ、って感じだった。普通に、マヨネーズとかケチャップとかお好みでつけていただいたほうがいいかもしれません…。あと、サラダに混ぜるとかね、もうちょっと、面白い使い方は考えてみましょう。

ぜひ、変なフレーバーを

味付けパウダーの優秀さがよくわかったので、ここは、パウダーだけなら在庫抱えるリスクが少なそうな点を利用して、変な味にもっと挑戦してほしいところ。ネット限定販売とかでもいいから。しょっつる味とか、ホンタク味とか、鮒寿司味とか、なんだかよくわからない味の登場に期待したいところです

[PR by ブログタイムズ]