日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ぐるり横浜、お金のかからないお散歩ガイド

こどもの日。よい天気なので出掛けようと思うが、足になる自転車は修理中。そして先立つものがない。だので、歩いて出掛けることにした。自宅から行ける散歩コースを歩いてみよう。いちおう、お散歩ガイドになるように仕立ててあります。コースの詳細と写真の撮影位置は、最後の『every trail』のデータを参照してください
まずは海のほうへ。桜木町から赤レンガ方面に向かう汽車道は、大勢の人が歩いている

ランドマークタワー日本丸が見渡せる。お天気はよいけれど、すこし霞気味

日本丸が次回帆を張るのは、5月30日であるとのこと。昨年の帆船大集合の様子
横浜で、日本丸(旧)・日本丸・海王丸が総帆展帆 - 日毎に敵と懶惰に戦う
ナビオス横浜には、立派な鯉のぼりが

新港ふ頭、横浜トリエンナーレも、もう一昨年のことですね。来年は無事に行われるのかな
横浜トリエンナーレ2008 メイン会場編 - 日毎に敵と懶惰に戦う
横浜トリエンナーレ2008 そのほかの会場編 - 日毎に敵と懶惰に戦う
少し歩いて、赤レンガ倉庫、その前に広がるのは、Y150の夢のあと。ここを、あの巨大クモが闊歩したのも遠い昔…

自転車、日本酒、そして『ラ・マシン』の巨大クモ - 日毎に敵と懶惰に戦う

もう少し進んで、去年整備された象の鼻。レストハウスでソフトクリームも良い。以前は横浜を散歩していても、汽車道の遊歩道で通り過ぎるだけの区間だったけど、全部公園で繋がった感じか。このへんの陰影は失われましたが

そもそも、横浜の沿岸部がこんなにお散歩向きになったのって、ここ10年ほどのことだよね…。それ以前は、もっと雑然としていたよ

そのまま大桟橋へ。大さん橋が今の不思議な形状になったのは、2002年なのですね



芝生に寝転ぶのが気持ち良かったんだけど、芝生、立ち入り禁止になっちゃった。これからの季節、夜に夜景を見ながら風に吹かれるのも気持ちが良い。カップルばっかりですが。いろんな船が寄港しますが、ピースボートもここから出発するのかな
大さん橋のピースボート - 日毎に敵と懶惰に戦う
さん橋を出て、山下公園方面へ。シルクセンターってところに、神奈川県の特産物を扱う『かながわ屋』ってのがあって、結構オススメです。Y150の売れ残りとかもありました…
ふるさとかながわ 物産・観光プラザ「かながわ屋」
山下公園は、関東大震災の瓦礫を埋め立てて作った公園。ここもねー、しばらく前はこんなに人がいなかったような気がするよ。


海も昔に比べれば綺麗になったとは思うけれど、昨年のトライアスロンは、ちょっと可哀想だと思いました…
『2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会』をちょっと見てきた - 日毎に敵と懶惰に戦う
マラソンの出発点も山下公園でしたね
横浜国際女子マラソンを見に行く - 日毎に敵と懶惰に戦う
氷川丸マリンタワーは、それぞれ運営会社が手放してしまったので、横浜市が買い取って改装、現在は無事に公開されております。とくに氷川丸は入場料が安くなってうれしいね

マリンタワーでは、去年、階段を上るイベントがありました
マリンタワーに歩いて登る - 日毎に敵と懶惰に戦う
このへんでお茶するなら、県民ホールの上にある英一番館がオススメ
久しぶりに横浜 - 日毎に敵と懶惰に戦う
あと、ホテルニューグランドのロビーも見逃せませんね


中庭もいい感じ

ところで、山下公園からも結構遊覧船は出ているんだけれど、横浜の水辺は、もっと運河とかに入り込んだほうが楽しいんだよね。工場を眺めるのも楽しいですね
横浜を水の上から探訪する『YOKOHAMA Canal Cruise』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
ヒミツの横浜、工場ナイトクルーズ - 日毎に敵と懶惰に戦う
さて、中華街。みなとみらい線が出来てから、以前にもまして混雑するようになりましたね

数ばかり多い甘栗売りはなんとかならんものか。肉まんの食べ歩きもいいですが、それにしても道を歩くのも疲労困憊になる混雑。昼飯は路地にあるこの店がオススメです

お探しの店舗のページはありませんでした

四川燃麺がオススメなんだけれど
腹八分目 〜横浜B級食べ歩き〜 : 杜記別館@中華街(その2) 四川燃麺&四川燃飯 中毒性を有する辛味に完全にノックアウト状態 - livedoor Blog(ブログ)
それ以外も美味い。今回は、豚モツと唐辛子の炒め物にしてみました

でねー、ついこないだまではランチ680円だったのに、急に880円に値上がりしてるんだよ!ぷんぷん。まあ、880円でもいいけどね…。50円で追加できる杏仁豆腐もオススメです。本格派。ご飯をたべたあとは、さらに路地を進んだ先の中国茶、悟空がいい感じですよ。喫茶は結構混んでるけどね
::悟空::--横浜中華街で生まれて35年。中国茶・中国茶器専門店 - ::悟空::--since 1981 中国茶・中国茶器専門店
さらに歩いて元町方面へ。橋を渡り

元町へ。なんかイベントか

高田純次が1日署長になって、安全・安心フェスティバルとかなんとか。その人が署長でいいのか。ここんところ、APECに備えて、警察も気合いが入ってますね。それにしても元町、中華街以上に、みなとみらい線が出来てからお客が増えたよね。前はこんなに混雑していなかった。あ、そうそう、元町に来たときは、ここのCAFEオススメですよ。空いてるし。営業しているかどうかは、電話して確かめてから行ったほうがいいかも…
山手の良いカフェ『ZAIM CAFE ANNEX』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
で、まあ、適当に歩いて通り過ぎて…これは脇の路地ね。山手の山がすぐ迫ってます

みなみらい線の駅へ。実はこの駅舎、山の上にあるアメリカ山公園との連絡通路になっているんですね
横浜地方気象台とアメリカ山公園 - 日毎に敵と懶惰に戦う
その建物の中にある店舗用スペース、いまだに何にも入ってません…シャッターとエスカレータの、シュールな空間になってる

上に上ると公園になっていて、公園を出ると横浜気象台があって、その先が外国人墓地

土日祝は外国人墓地を公開しているのでそちらへ。平日は横浜気象台を公開しているので、そちらに行くのがいいでしょう
横浜外国人墓地,Yokohama Foreign General Cemetery
横浜地方気象台/トップページ
平日だけ…と言えば、神奈川県庁の屋上も平日だけ入れますね。以前、ブラタモリで出ていた
徹夜開け、ヨコハマ徘徊日記 - 日毎に敵と懶惰に戦う
港の見える丘公園からの眺めはいいですね


公園に入るときにすれ違った2人、素人モデルっぽい人と、カメラをいっぱい抱えたカメコっぽい人。レイヤーさんとカメコでしょうか…。このあたりで撮影していたんだろうね


今日はワシン坂の方面へ。韓国領事館があったり、アメリカの施設があったり、その他、半端ない感じの御屋敷が多い地帯。うーん、これも民家なの?

ちょっと浮世離れした地帯から坂道を下ると、途端に路地があったりして、庶民的に。山から下るとハッキリと庶民的になるよね…露骨に

ちょっと進んで、マイカル本牧とかがある、本牧地区。ここから本牧山頂公園に向かおうと路地に入り込んでみたら、見事に行き止まりで失敗

すぐそこに公園があるのに…。小学生だったら、山の中に踏み入るところですね。まあ実際、住民だけの秘密の通路があるんだろうね。というわけで、気を取り直して、本牧宮原口から公園の中へ


本牧山頂公園は、丘の上から遠くに海が見える素敵な公園です。そして緑も多い。この公園とか、根岸森林公園とか、このあたりに広い公園が多いのは、結局、米軍に接収されていた歴史が長いからなんですね…。芝生に寝転んだりするのもいいもんです


おや、向こうのほうに櫓が…

おお、やっぱりこの公園からもよく見えるんだね、ちきゅう。三菱重工にドッグ入りしてます。5月末までかな
『ちきゅう』が横浜にいるよ - 日毎に敵と懶惰に戦う
あ、そうそう、歩いて行くのはちょっとしんどいからバスか自転車か車がいいけれど、上記の横浜港シンボルタワーも、のんびりしていて海が見えて、いいところですね
ちょっと横浜港シンボルタワーへ - 日毎に敵と懶惰に戦う
本牧山頂公園は西のほうに向かって拡張工事中。その拡張しているちかくにある住宅地も、これまた日本離れした感じ

この先の公園からは、工場がよく見えます

このあたり、山の稜線から下る階段の途中などに、良さげな工場鑑賞スポットがありそうで、なかなか難しい…

ここなんかは、行き止まりになっていて視界が遮られている…。右側の御屋敷、よいテラスがあって、あれは工場を眺めるためのテラスに違いない

なお、このへんをお散歩するツアーを以前に石川初さん主導でやったことがあって、あれは大変におもしろかった
横濱散歩 - iccw blog // はてな避難所
さて、もうちょっと頑張って歩くと、根岸森林公園。広場と森がほどよく融合した、大変良い公園


そしてこの公園の見どころは、かつての根岸競馬場の遺構

以前自転車でぶらぶらした時に、写真いっぱい撮ったですね
根岸の山は奥深く - 日毎に敵と懶惰に戦う
この遺構、米軍の土地が隣接していることもあって、ほんとうに放置されたままの状態になっている。勿体ないな。さあ、公園を出て…どちらに向かおうかな。北側の住宅地に入り込むと、いきなり、道が極端に入り組んでくる

屋根の向こうに城が見えて

いきなり米軍の土地になり、その向こうに広がる広い広い住宅地

米国統治いまだ終わらず、を、沖縄に行かずとも手軽に実感できるところです。以前、このあたりの入り組んだ路地とお寺を自転車で回ったことがある。中国寺院とか、面白いですよ
再び、根岸から本牧を散策して - 日毎に敵と懶惰に戦う
やがて根岸の墓地が見えてきて、広大な墓地をぐるり廻りこむように歩いて

急な階段を下りれば


八幡町の商店街。いきなり角打ちがあったりして、急にタイムスリップした感じになる。名物はやきそばの磯村屋。そして銭湯の仲乃湯

立派な建物、露天風呂もある素敵な銭湯で、今日は子供の日なのでしょうぶ湯。露天風呂にしょうぶが浮かべてあったんだけれど、それにしても入れ過ぎで、おっさんが『入れ過ぎだよこれじゃあ…』とぶつぶつ言いながら、しょうぶをかきわけて入ってきたのが面白かった。ここは銭湯で普通の沸かし湯だけれど、ヨコハマは温泉も多いんですよ。今回の散歩コースとは関係ないけど、オススメは、弘明寺のタレルの湯と、綱島温泉ですね…
弘明寺の銭湯、中島館がジェームズ・タレル - 日毎に敵と懶惰に戦う
スーパー銭湯やスパ施設はもう飽きたあなたのための彼岸、綱島温泉東京園 - 日毎に敵と懶惰に戦う
自転車で、羽田空港、等々力渓谷、綱島温泉 - 日毎に敵と懶惰に戦う
さっぱりして風呂上り。瓶の牛乳を美味しく飲んで、さらに歩くと、全長30mほどの「日本一かわいい商店街」三吉橋通り商店街

そして横浜のカオス、よこはまばし商店街

横浜の三大商店街と言うと六角橋、元町、伊勢佐木町らしいですが、六角橋、松原、横浜橋のほうが雰囲気としては正しいんじゃないかな…。あと、弘明寺も忘れちゃいけない。横浜橋は、人種の多様性とか物価の安さとか歩いている人の職業不詳具合とか、いろんな意味でよくわかんない商店街で、とにかく面白いことには変わりありません。今日もここで晩御飯の買い物。総菜とか、なんでもかんでもとにかく、怪しいレベルで安い。
商店街を出て、ちょっと歩けばすぐに伊勢佐木町。こっちもこっちで、関内駅側の入口から奥に入れば入るほどディープになる商店街。美味しい店、面白い店も結構あるんですが、風俗街の真ん中に銭湯があったりね…。この銭湯『利世館』も、男湯の背中にお絵かき率の高さ、女湯の人種の混沌具合など大変オススメです。あ、そうそう、商店街から外れるけど、ショーラパンって店は美味いよ
横浜おさんぽ日記 - 日毎に敵と懶惰に戦う
伊勢佐木町に新しい施設が出来ていた。なんだろ、これは

日も暮れて来て、え?俺東南アジアの路地に迷いこんじゃったの?って錯覚する福富町を通り過ぎれば、大岡川に出て、これを渡れば私の町野毛。大岡川は桜が綺麗だよね。このへんは桜の名所、多いです
桜木町から桜散策 - 日毎に敵と懶惰に戦う
あ、大岡川と言えば、黄金町を忘れちゃ駄目ですね。ちょんの間あとをいろいろ活用したりしてますが、さて、どうなることか
黄金町バザールで林新市長を見るのこと - 日毎に敵と懶惰に戦う
で、私の町、野毛だ。野毛には良い飲み屋が沢山ありますよ
野毛の街で呑むのこと…武蔵屋、福田フライ - 日毎に敵と懶惰に戦う
今日の野毛徘徊日記 - 日毎に敵と懶惰に戦う
特に武蔵屋は素晴らしいんだけどね、なかなか、営業日が不定でしてね。チャンスがあれば入っておいたほうが良い。その他、この界隈の美味しい店を扱った決定版の本はこれ
横浜で美味いものが食いたいみなさんへ! - 日毎に敵と懶惰に戦う
そんなこんなで、長々した日記もこれでおしまい。横浜の散歩の参考になれば嬉しい。この日は20kmも歩いたよ…。歩いたコースと写真の撮影場所は、下記でご確認ください


Explore 横浜ぐるり散歩 | AllTrails.com