日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

はじめての甲子園で、えらいもんを見る

夜勤の仕事がなんとか無事に終わり、ほっと一息。なんだけど、今日いちにちは、なんかあったら駆けつけないといけないので、このあたりで待機してないといけない。このあたりとは、甲子園のあたりである。そして今夜には、甲子園球場阪神と横浜の試合があるのである

行かないわけにはいきませんよね!8時過ぎに球場に行ってみると、切符の発売は10時からで、多少の残りはあるようだ

阪神ファンで埋め尽くされる球場、ベイスターズファンはどうすれば…と思うと、レフト側にビジター応援専用席というのがあるのですね。そこなら安心してビジターチームを応援できると。この座席もちょっと残っているみたいなので、ビジター応援専用席を確保することにしましょう。しかしこれ、チームによって座席数にものすごい差があるのな…

ベイスターズの場合は700席?くらいみたい。ロッテファンは関西にもたくさんいるのだなあ…。コメダ珈琲で朝飯食べて、デイリー読んで時間を潰し、10時前にチケット売り場へ。割合、あっさり買えました

この後、バスで送迎のあるスーパー銭湯で風呂に入り、仮眠。3時前に甲子園に戻り、ホテルにチェックイン。4時半ごろ、さて出動しましょう

甲子園球場はさすがに大きくて立派。球場のまわり、黄色い軍団で埋め尽くされている。目の前にららぽーとがあり、そこで買い出ししていく人が多いんですね。球場のまわりをぐるぐるして、何か所もあるショップを覗くのも楽しい。ハマスタとは規模が違うよね…。チアのショーもやってましたが

なんやねんこのゆるキャラは…(サンテレビのキャラクターだと教えてもらった。名前は『おっ!サン』だそうで…)
そして裏方的なお仕事をさせられているボヤッキー…じゃない、トラッキー

5時ごろ球場入り、まずは座席へ。おー、ここが甲子園か!はじめての甲子園だ!天然芝はいいなあ

球場内も食べ物がいろいろ充実していて、バックネット裏にもグルメゾーンがあったり

名物という、甲子園カレーをいただきましょう

生ビール650円はハマスタより安いね。しかしスーパードライしか売りに来ないので、下の売店で一番搾り購入。その後見ていると、スーパードライ以外にもドライプレミアムとレーベンブロイもある…どっちもアサヒやんけ。あ、時々、一番搾りも来るみたい。やがて六甲の山に日が沈み…

名高い阪神園芸の皆さんのグラウンド整備も終わり、プレイボール

ベイスターズファンは本当に、この外野の一角、数百人以外にはいないような雰囲気…ですが、今日は一生懸命声出して応援、2回に筒香の2塁打からの連打で先制

この日はどすこい山口投手の調子も良かったけど、メッセンジャーもしり上がりに調子が良くなってきて、なかなか膠着した試合。7時にはもう5回に突入。そんな中、どすこい投手、案の定というか、6回にボークから崩れて2点取られて逆転されまして…チャンスの時の阪神ファンの応援の一体感というか、球場を包み込む圧力、すごい

7回には風船乱舞

さらに追加点も取られて、どんよりした雰囲気になってきたんだけれど…

7回裏に阪神が追加点を取ったものの、メッセンジャーに福留が代打送られたので、これはピッチャー変わって打てるかもしれない!と思っていたらですね、案の定。8回表、連打連打、阪神のピッチャーはころころ変わり、ついには梶谷とロペスのタイムリーで同点に

この回だけで何十分かかったんだろう、投手交代の間にもチャンステーマの大盤振る舞いで、レフトビジター応援専用席の盛り上がること!逆転まではいけなかったけれど、8回裏も三上がきっちり抑えて、9回表は阪神、歳内が出てきて抑えらたけど下位打線、9回裏は阪神も下位打線ですからね!ここでさっくり抑えれば、ピッチャーの残りの駒的にも延長で勝てるでしょう!と、ベイスターズファン、完全に勝ちムードだったわけですよ


わけだったんですが、江越を三振に取ってよし!と盛り上がった途端、後ろにコロコロ転がるボール、振り逃げ…。おいおい、何をしているのか…。
しかしまだまだ、気を引き締めてしっかり抑えましょう、俊介の送りバントが2回続けて失敗し、いけるいける!と再び良いムードになってきて、スリーバント決められて、ああまあ仕方ないか…という空気になったところでですね。
なんか知らんけど、三上がファーストに投げた球をロペスがポロリ、憮然と立ち尽くすロペス、その間にランナーは3塁に、気が付いたように慌てて投げるけどセーフ、ノーアウト1、3塁。
なんなんですか、と。はあっ?と、何が起きているのかわからない、という雰囲気になるレフトスタンド。非常に不穏な空気。そして代打に関本、大盛り上がりの阪神ファン、異様なムードの球場
三振で頼む…と祈るような気持ちで見ていると、信じられないことは3度起きる。三上の球を嶺井が後逸。コロコロと転がる球、慌てて走っていく嶺井、ホームに滑り込む江越…その光景がスローモーションのように、見えまして、無安打無四死球でのサヨナラ負けという、球史に残りかねない結末を迎えたのでした。レフトスタンドは唖然茫然、ややあって怒りをあらわにした後、しかし我にかえったように、今年のベイスターズを象徴するようなゲームでしたね…と言葉少なに、とぼとぼと、さっきまでの盛り上がりはどこに、三々五々、球場をあとにしていくのでした…
プロ野球 - 2015年9月29日 阪神vs.DeNA - スポーツナビ
はてなブックマーク - 【訃報】プロ野球史上最低最悪のベイスボールが爆誕 | 2ちゃんねるスレッドまとめブログ - アルファルファモザイク

はあ…ひどいもん見ちゃった…。どうしてもこのまま宿に戻る気になれず、しかし阪神ファンで埋まる店に行く気にもなれず、見つけたのがここ

ニュートラルな店なのでユニフォームを着ての入店お断り、と書かれた店で。実際、入ってみると落ち着いた雰囲気のバーで、単身赴任者や出張者が居場所にするような良いところ


ギネスに自家製ローストビーフ、美味しかったです。マスターの雰囲気がとてもよく、実際、自分も通いたくなるなあ、というお店なのでした。最後に救われた気分で宿に戻り、おやすみなさい…
在華坊(@zaikabou)/2015年09月29日 - Twilog