日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

極私的福岡観光案内、そして北九州も

ヨッピーさんの大阪観光紹介記事を受けて書かれた、hageatamaさんの福岡観光紹介記事がとても良くできていて、行くべき場所を抑えているなー、と思ったのだけれど

【永久保存版】元福岡市民が全力で1泊2日の福岡市周辺観光してみた | はげあたま.org

なるほど、確かに福岡は見に行くところがあまり…なのであるよね。観光と言うと、大宰府とか、柳川に行ってしまう。唐津もいいかな。おばか観光地として『宝当神社』とか

ご参考までに、自分が以前に福岡に仕事に行った時の、福岡周遊の様子をまとめておきます。

これはある時の1泊2日。洋菓子のABELお勧め。屋根裏漠は孤独のグルメ原作ファンとかにもお勧めしたい、久住さん系のお店。薬院の『西亭』よい店だった。工藝風向という素敵な店も憶えておきましょう。

神社好きなら香椎宮も良い(近郊まで足を伸ばすと宗像大社も良いのだけれど、あそこは本来は、沖ノ島まで行ってなんぼ、というところもあるしなあ…行けないけど)

大宰府まで行かずに福岡で美術館博物館と言うと、福岡アジア美術館であります。アジアの現代美術の数少ないハブ的役割を担っている美術館です。最近、シンガポールにすごいとこが出来たけど。あと、福岡市美術館も、コレクションが地味になかなか良いのだ

この時も福岡アジア美術館に行ってるな…。あ、ちょっと飲むなら、博多駅のほろよい横丁、おすすめ

結局、食べ物の話に収れんしちゃうんだよな。ついでなので、鯖の『きはる』という店は美味かったし、柳橋市場は楽しい場所だ

この時も朝は柳橋市場、それから大宰府九州国立博物館、長浜、福岡アジア美術館コースだな

この時は熊本に行っているから直接は関係ないんだけど、夜は博多泊り。お泊りは鹿島本館もお勧め

福岡のお泊りだと、まあ有名だけど、HOTEL IL PALAZZOも良かったですね

おしゃれ旅行だったらこの本は参考になるかと思います

d design travel FUKUOKA (ペーパーバック)

d design travel FUKUOKA (ペーパーバック)

 

…とまあ、こういう感じで、福岡観光だと、お店紹介の要素が強くなってしまうわけですよね。

で、街としての勢いとかだと北九州より福岡のほうが…であるのだけれど、いざ観光資源的に言うと、北九州がかなり強い。炭鉱と港湾、歴史的背景がいろいろあるので、観光資源が自然、多くなるわけですね。

北九州に観光に行く場合、まず読むべきは、フリーペーパーの『雲のうえ』である。スターフライヤーの機内に配備されているから、スターフライヤーで飛ぶべし。下記紹介文章を熟読されたい

1巻~5巻は総集編になっている。これも買うべし

雲のうえ: 一号から五号

雲のうえ: 一号から五号

 

 

自分があまり北九州に行けているわけではないけれど、数少ない行った記録としては、こんな感じ。まずは門司港と下関。歩いてトンネルくぐるのが楽しいですよ

そして筑豊。北九州に行ったなら、筑豊を歩くべきである。あと、北九州なら若松で電車を降りて、港湾部もぶらぶらして、渡し船に乗ったりするのが、また楽しいのです。

なんだかまとまりの無い話になったけれど、福岡に遊びに行くなら、福岡市内にこだわらず、大宰府や柳川、唐津に限らず、北九州にも足を伸ばすと楽しいと思うのでした。