日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

土曜日の日記、東京国立博物館を中心に

土曜日、家でだらんとして過ごし、出たのは昼前。上野の東京国立博物館に行き、「上海博物館 中国絵画の至宝」後期と、「描かれた風景−憧れの真景・実景への関心−」を見る。
東京国立博物館 - 展示 アジアギャラリー(東洋館) 東洋館リニューアルオープン記念 特別展「上海博物館 中国絵画の至宝」
上海博物館のほうは前期から13点ほど展示替えあり、前期は絵に付して書かれた文字のほうにも関心が多くさかれたけれど、後期はより、絵画の精緻さ、文人画の至る心持、境地により神経が届くような内容になっていた。とにかく必見であることには変わりない。1,600円で販売されているカタログはぜひ買うべき。中国絵画についてこれほどの濃縮された内容もそうそう無いと思う
東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 描かれた風景-憧れの真景・実景への関心-
描かれた風景、のほうは、実際に景色を見て、中国絵画や西洋の技法を取り入れて描かれた、江戸時代の風景画を集めたもの。谷文晁仕事しすぎ!池大雅や長沢蘆雪などの変わった仕事も見ることができるし、興味深い展示だった。こちらもあわせてみるべきでしょう。とらさんがどちらについても書いておられます
上海博物館 中国絵画の至宝 後期@ 東京国立博物館東洋館 : Art & Bell by Tora
描かれた風景ー憧れの真景・実景への関心 @東京国立博物館 : Art & Bell by Tora
また、大日如来坐像を3体など、現在の展示は仏教美術が非常に充実しているし、『虫豸帖』と『写生帖』を並べて展示していたり…と、今の東京国立博物館、総合文化展は内容がとても濃い。ゆっくり鑑賞することをおすすめしたい
東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 運慶・快慶周辺とその後の彫刻
増山雪斎《虫豸帖》と円山応挙《写生帖》 @東京国立博物館本館 : Art & Bell by Tora
もちろん、京都展もね!さて、小雨降る中博物館を出て、上野から地下鉄を乗り継ぎ、六本木へ。六本木クロッシングに行ったら、大層空いており、みな、????という感じで通り過ぎるばかり。一方、スヌーピー展(入ってませんが)と、まどマギ原画展は大変な混雑。まどマギカフェなどは大行列ができておりました。
その後、北加賀屋クロッシングを覗いて、国立新美術館で、日展を。詳しくは別項目をごらんください。乃木坂から電車を乗り継いで、本日は実家に行ったのでありました
在華坊(@zaikabou)/2013年11月02日 - Twilog